顔のたるみは友人とのお喋りで予防。

顔のたるみは友人とのお喋りで予防。

以前テレビ番組で、自分の老いた顔を見たければ、鏡を床に置き、上から覗き込めば良いと紹介していました。
確かに覗き込んでみると、顔に付いた余分な肉がたっぷりぶら下がって、自分の顔なのにゾッとしました。
どうやら、若いうちはなんとかハリで持たせていた肉が、歳をとるとハリが無くなり重力に引っ張られて落ちてくるのだとか。
これはお腹に肉が付くより困ったことだと思いました。
というのも、顔って一番目立つ場所ですよね。
その顔がたるみきっていたのでは、相手に与える第一印象は良いものだとは思えません。
そこで顔のハリを少しでも持たせようと、自分でフェイスマッサージを始めました。
といってもたいしたことはできないので、やることはたったひとつ、ひたすら口角を上げる練習です。
目もとにしわが寄らないように、口もとの両端を人差し指でくいっと上げる、それだけでも顔の筋肉を使うらしいです。
とにかく無表情は良くないとのこと、喋って笑って顔の筋肉を鍛える、そのためには友人とのお喋りは不可欠です。
こうして楽しく顔のたるみを予防している私です。