そろそろ注文住宅を建てたい

永代供養と埋葬のスタイル

永代供養とは、親族が遠くにいることや、看取ってくれる親族がいないなどの事情があったり、子どもに恵まれない夫婦などが将来的に墓参りをする人がいなかったりする事を踏まえ、生前に寺社や墓苑などに死後の供養などを一任するための仕組みです。詳しい情報は名古屋 永代供養を参考にしてみてください。
墓苑や寺社では、永代供養が行えるよう、合同で埋葬可能な施設を設置し、その管理や法要などの仏事も合わせて行うサービスを提供しています。
永代供養を行う際には、相手となる寺社や墓苑などと取り決めを交わして、年数を定めてその間は墓地の管理や故人の供養を行なってもらうようになります。
 また最近では、共同墓地で永代供養を行うケースも増えています。
共同墓地とは、寺社や墓苑が多くの遺骨を一同に納める納骨堂のようなスタイルの墓地を作り、そこで一同に多くの人々の遺骨を納めて、いっしょに供養するという仕組みです。見ず知らずの人といっしょに納骨されるので、共同墓地を嫌悪する人もいますが、共同で墓苑を管理する分、永代供養料は比較的安価になっています。管理している寺社や墓苑によっては、1年で10万円程度になっているケースもあるようです。

 

 永代供養を希望する場合には、生前に墓苑を見学するなど、自身が望む供養のスタイルに沿った対応をしてくれる寺社や墓苑探しを行うことが必要な時代になっています。金額だけで妥協せず、しっかりと必要な供養のあり方を考えておきましょう。