そろそろ注文住宅を建てたい

司法書士の資格取得と業務開始まで

司法書士とは、個人や企業などからの依頼で法律上の手続きを代行したり法律に関する書類の作成を行う仕事です。代表的な業務として、会社設立時の商業登記業務や、不動産売買や相続の際に必要な不動産登記業務があり、その他にも簡易裁判で訴訟代理業務を行う裁判事務や、成年後見業務、帰化申請など、多岐にわたります。司法書士のみが行える業務も多く、活躍の場が広がっています。
司法書士になるためには、司法書士試験という国家試験に合格しなければいけません。受験資格に制限はないので、誰でも受験をすることが可能ですし、回数の制限もありませんので、何度でも受けることができます。ただし、合格率は3%余りとかなりの狭き門であり、難関資格です。それでも、司法書士試験に合格しただけではまだ司法書士として活動はできません。全国のいずれかの司法書士会に登録をしなければ業務を行うことができないのです。また、新たに司法書士試験に合格した人は司法書士会が行う研修を受ける必要があり、登録と研修を経てようやく司法書士としての業務を始めることができるのです。
考え込む前にコチラの群馬 司法書士をご覧になりませんか?